トップ
2002年1月25日

















サクラ大戦



















スクライドの最終回、更にヴァンドレッドの最終回まで 見損ねたので、
映画のサクラ大戦は死んでも見逃すまいと 思ってたので、観る事にする。
最初に「あずまんが大王」「デジキャラット」「スレイヤーズ」が流れた。
「あずまんが」は、いかんせん短すぎて何とも言えなかったけど 「デジ」「スレ」は全く期待していなかった割に面白くて良かった。
(が、スレイヤーズのキャラはほっぺたがトガリ過ぎてて、刺さりそうだったぞ)
さてサクラ大戦が始まった。
光武発進のシーンは、何かゲームみたいだったが 何つっても音響が重圧感あって良かった。 夜の戦闘シーンは、暗くて若干見づらいものの迫力があってマル。
あれよあれよ、と言う間に話はクライマックスへ、
結局悪役の ダグラス(?)の目的と、動機がイマイチ良くわからなかったけど
日本のお偉いさんの 「自分の国くらい自分達の手で守る。」というセリフが 感動した。
が、気になる事が1つ。
ラチェットは、何の為にでてきたの?
何がやりたかったの、ラチェット? せっかく美人なのにラストシーンだけしか存在感ないなんて かわいそすぎである。
あと一つ、この映画の中ではアメリカはまるで 「悪の侵略帝国」である(わざとか?)
前記のセリフしかり、華撃団メンバーのセリフしかり 舞台での歌等、勇ましくてしびれるところが多い。
そして、大神登場!! 合体ヤフキエルの攻撃で、ボロボロの華撃団、 「高速で接近する物体あり!!」「隊長!!」 もうダメだ、と言う時にあらわれる大神の光武F攻。
カッコ良すぎです、、もうビンビンです。 そして反撃!!
、、ああ燃える!!エクスタシー!!
「皆行くぞ!!」
とか言いつつ、巴里で浮気して愛人残して たりするんだが、カッコ良すぎである。
大神一郎 とりあえず、巴里での事は黙っとけ大神一郎 でも、
サクラ大戦4ではケリはつくんだろうな大神一郎、、

マイ評価・・・ 2200円
2002年2月16日











ジーパーズ
クリーパーズ









「ジーパーズ、クリーパーズ」を観る事にした。
と、いうのも 前に観た「地獄の黙示録」完全版は、
なかなかステキな映画だったからだ。、、、
そのコッポラの映画で
「マジにこわい!!」
とウワサの「ジーパーズ」 これは見ねばなるまい!!
期待に胸をふくらませつつ開始時間を待つ、で、上映開始、、、、
徐々に下がって行くテンション、 観ててイライラするキャラクター、整合性のない敵の存在。
どれをとっても立派なB級映画(C級か?)が目の前で進んで行く、
そして終了、、、、。
久しぶりだ、実に久しぶりに空振りした映画だった。
何年ぶりだろう? 別に、評論家でも何でもないただのカップルや学生から
「あっけねー」
「中身ぺらぺらだったね」
「つまんなかったね」
と辛口コメントが聞こえてくる。 いいのか?コッポラ? 単に名前貸しただけなら、まだいいけど(いや良くないけど)
本気でアレ作ったなら「かなり問題だ」 ああ、今度「WASABI」観に行こうと思ってるけど 心配になってきた。
ベッソンって10本とったら引退するんじゃなかったっけ?

マイ評価・・・ 100円
2002年3月5日












ロード オブ ザリング












話題作は平日に行くに限る、、、という事で「ロード、、、」を観る事にした。
でもせっかくなので、1000円の「クールボーダー」も観る。
「クールボーダー」は、CMですごいボードテクがガンガン流れていたので それはそれはエクストリームな映画かと期待していたのだけれど、、、、
違う!ラブコメじゃん!!しかもボードのシーンって、頭とケツにしか ないじゃん!!
あとはラブコメ、、、客は自分も入れて2人!! 気まずい!!、、、
でも、ま、1000円だし。
 気を取り直して「ロード、、、」を観る。超期待してたので、
オープニングから どきどき。
人間とエルフ連合軍とゾンビ軍団のバトルは、なかなか迫力があって 良い!!きっと「ロードス島」を実写にしたら、こんなカンジなんだろうなぁ、、、 なんて思ったりした。
が、この後物語が一気にスローペース。
パーティーが勢ぞろいするまでが長すぎる!!
ここまでの時間で クールボーダー一本分、入ってしまいそうである。
なんか映画というよりも、テレビドラマ3話ぶん観ました、というカンジがした。
多分、「2」「3」も、3時間だろうからテレビドラマなら10話、 テレビアニメなら22話はできる、、、
となると、このくらいのテンポになるのも しようがないのかなぁ、
観てるとなんか、ロープレがやりたくなる映画でした。

マイ評価・・・ 1500円
2002年4月11日






ミスタールーキー








阪神が9勝1敗で首位と言う滅多にない時期なので 「ミスタールーキー」を見に池袋へ行った。
で、正直、思ったより面白かった、やっぱ竹中直人はいいなあ、
主役の一茂は実に大根役者であったけれども、それはそれとして 味が合ったような、なかったような、、、(なんじゃそりゃ)
もっとアホみたいな映画かと思ってたので、嬉しい誤算だったけど 色んなイミで「夢の世界」のお話なんだなぁと思った。(特にクライマックス)
なんで○○○出て来んねん!!
と、皆心の中で突っ込んだに違いない。
でもいいんです!!夢の世界なんだから!! 、、、、
なんて思って製作されたんだろうに、今、阪神はその夢の中に いるわけで、
こんな事はもう二度と起こらない(失礼?)んだろうなぁ と思った。

マイ評価・・・ 2100円
2002年4月21日







ビューティフル
マインド







アカデミー賞を、いくつも取った映画だって言うので 期待して観に行った。
眠い、、、前日にあんまり寝てなかったせいもあって 実にねむい、、、
このテの映画は眠い時に観るもんじゃないなぁ、、、
なんて 思いつつ最後まで観た。
うーん、なんかまあ、 ああいうお話って
「シックスセンス」以来多いんじゃないか? なんて思った、
でも主題は「愛」なんだな、、、と ネタバレになるので、あんまし書けないけど、
キーパーソンになる人物が、少しもの悲しく描かれているのが良かった。
オドロオドロしく描かれるものだからだ。
「賞取りに行くぞ!!」
てのが少しミエミエな作りになってるけど
イイところはイイとしてもいい、と思った(なんのこっちゃ)

マイ評価・・・ 1000円
2002年5月5日














ブラックホーク
ダウン














せっかくGWなので映画に行こうと、
今まで行けなかった 「ブラックホークダウン」をチョイスした。
GWなので混んでたけど、割とイイ席にすわれた。
で、観終わった後一言。
「スゲェ映画」
何がすごいって、まぁ色々すごいんだけど、市街戦の生々しさ、軍隊の作戦行動ってやつが、いかにもろいものか、
たかだか30分の作戦のはずが一日がかりの総力戦にズルズル行ってしまう所は実にやり切れない。
ヘリの墜落現場に向かう車両部隊がなかなかたどり着けないとことか、
敵の支配地域のド真ん中に墜落するヘリのパイロットの恐怖とか・・・
よくまあ12禁とかじゃなかったもんだ。
ただ何かの雑誌インタビューで監督が
「ソマリア側の視点も描いた。そうでないと真実が伝わらないからね。」
なんて言ってたので、そりゃすごいと思って見ていたのだが・・・
無い!!どこにも無い!!
一体どこにあったんだ
「ソマリア側の視点」!!
しかもなんか全編米側のエライ目にあってる場面のオンパレードで、必死に米兵が打ち返すとソマリア人はバタバタ倒れてたんだけど、
「まぁここまで米兵の弾は当たるのにソマリア人の弾は当たらないって事もないだろ」
なんて思っていた。
すると終りの方で
「米軍死者19名、ソマリア死者1000名」
と、サラッと流れたのだ。
 アレはマジか!!うーん恐るべし米軍の攻撃力、本当にエラい目にあったのってどっちだったんだ?

マイ評価・・・ 2200円
2002年6月2日








少林サッカー









前から楽しみにしていた映画をまとめて観る事にした。
パニックルーム、スパイダーマン、
あさま山荘事件、アリ、少林サッカー。
スパイダーマンは思ったよりも面白かったし、
どれも皆楽しめたので 眠くならずにすんだ。
中でも一番笑ったのは1本と言えばコレ!!
少林サッカー、
予告編で面白いシーン全部やっちゃってる映画が多いので どうなのかなぁと思ってたんだけど、、、、
スゲェ沢山あった、(観てないシーンが)
しかもどれもこれもスゲェ!! 爆笑!!、、、て感じでした。
サッカー関係ないシーンの笑いもあってツボにハマるし 予想以上の面白さ!!
一応伏線もあって、ラストも小気味いいし。 観ても損はしないぞ!!、、、と思った。
でも真面目な人はやめておいた方がいいかも、、

マイ評価・・・ 3000円